いくつでも

似顔絵描き

結婚式のウェルカムボードは、なにもひとつだけという決まりはありません。
似顔絵専門のイラストレーターなどへの依頼も良いですが、絵の得意な知人や友人に頼むケースもあります。
この友人からの贈り物としての似顔絵は、頼んでなくとも自主的に贈ってくれる場合も数多くあります。
このような場合、先に自分たちで用意したウェルカムボードと一緒に友人からの似顔絵も飾って構いません。
自分たちが納得することが大切なのです。

自分たちが納得するものとして、似顔絵にもさまざま種類があります。
プレゼントで似顔絵の提案が出た際には好みを伝えておくことも大切です。
折角貰った似顔絵も好みに合わないなどの事態になってしまったら結婚式での雰囲気に関わります。
ですがもし好みに合わないという事態になったとしても、自分が納得できているウェルカムボードを別に用意しておくことでその状況は改善されます。
この場合にもふたつのウェルカムボードを飾ってしまえば何の問題もないのです。

このように、ウェルカムボードを飾るにあたって数の制限はありません。
友人からの贈り物も嬉しいものです。
自分たちで作成したウェルカムボードと一緒に飾って場をもりあげましょう。

お客様を歓迎する

ウェディングケーキ

ウェルカムボードは結婚式の必須アイテムのひとつです。
結婚式の会場でウェルカムボードを見かけないということはほとんどないでしょう。
このようにウェルカムボードは現在とても一般的なものになっています。
ですがその一般的であるがゆえに、結婚式でのウェルカムボードはどのようなデザインで作れば良いのかという悩みも多くあることでしょう。

結婚式とは一生に一度のもので、結婚式を挙げる二人にとってはとても大切な思い出の行事です。
その一生に一度の大切な思い出の場所で使用するウェルカムボードもまた、とても大切な記念品となります。
ですので、結婚式の場のみで使用するのではなくのちのち部屋のインテリアなどにしてマイホームに飾ることができるようなデザインにすることも大切でしょう。
では、ウェルカムボードのデザインとしてはどのようなものが良いのでしょうか。
具体的にはウェルカムボードをひと目見ただけで新郎新婦本人たちのことだと分かるようなものが良いでしょう。
写真や似顔絵であればひと目で本人だとわかります。
写真ももちろん良いですが、似顔絵は可愛らしく部屋のインテリアのポイントにもなります。

このウェルカムボードをインテリアに使用するという点ですが、どこに飾るかというのもポイントです。
飾る場所は家の玄関やリビングなど、来客が目にとめやすい場所が良いでしょう。
結婚式の時だけではなく、マイホームに訪れてくれる全ての人たちにとっていつまでもウェルカムという快く出迎える気持ちをもつことが大切です。
このようなのちのちのことも考えてどのようなウェルカムボードのデザインにするかを考えていくと良いでしょう。
また、将来子供が産まれたときにも似顔絵などを見せて思い出を語るという楽しい場面にもなります。